6歳のシャオイーとの生活に悪戦苦闘するカイチーだったが、ひょんなことからズージエにシャオイーの髪の乾かし方を教わることになる。1人より2人でいるほうが楽しいと主張するズージエに対し、カイチーは1人が好きだと言い張るのだった。ある日、フィガロ・キュイジーヌに1人の男性客が訪れる。その客は料理の説明をさせたあげく、メニューに載っていないポテト料理をリクエストする。ラーシュエンはこの客の料理をカイチーに作るよう命じるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001