大学時代に自分の父親がハオウェイに借金をしたことを聞かされたカイチーは、それを知らずにハオウェイに冷たい態度をとり、彼を傷つけてしまった自分を責める。そんなカイチーを心配して元気づけようとするズージエは、次第にカイチーに対する自分の気持ちの変化に気づく。一方、ハオウェイもまた、カイチーが借金のことを知らずにいた事実を知り、カイチーを誤解していたことを悔やむ。そして再び友達として始めたいと告げるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001