たとえ台湾を去る日が来るにしても気持ちは伝えようと、カイチーに告白する決意をしたズージエ。マカロンや風船を用意し、カイチーを待つズージエの目の前で、カイチーは突然現れたハオウェイと共に出かけてしまう。告白のタイミングを逃し約束を破ったカイチーに怒るズージエは仕事中、大人気ない態度をとりカイチーにあたる。いぶかしく思ったカイチーはズージエを問いただすが、うまく気持ちを伝えられないズージエはいきなり…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001