父親がズーシャンを誘拐した犯人の1人だと判明し、ズージエやその家族に顔向けできなくなったカイチー。店を去る決心をするが人手不足のため、入院中のラーシュエンが復帰するまでは勤めることになった。落ち込んでいるカイチーの姿を見て、心配した同僚たちは、かつてズージエがカイチーに捧げた歌を歌って励ますのだった。一方ズージエは、オーナーである父が過労で倒れ、いまだ目覚めない兄ズーシャンの代わりに社長代理として働くことになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001