食中毒を起こした責任を取ってレストランを辞めたカイチーは、ズージエと距離を置くために故郷へ戻る。そんなカイチーを心配したハオウェイは、カイチーのもとを訪れ、彼女をそっと見守るのだった。一方、食中毒がウソだったことが明らかになり、ズージエもまたカイチーのもとを訪ねて店に戻るよう促す。初めは頑なに断っていたカイチーも、自分を説得しようと、遠くから通い詰めるズージエの体を心配して台北に戻る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001