ケガの後遺症で味覚を失ってしまったラーシュエン。自暴自棄になっていたラーシュエンのために、ズージエが味覚を取り戻す特訓を始める。だが味覚を失ったのは自分の父親のせいであり、忙しいズージエに任せてはおけないと責任を感じたカイチーが、ラーシュエンの特訓を引き受ける。なかなか真剣に特訓を受けてくれないラーシュエンに手を焼くカイチー。そんな中、ハオウェイがカイチーをある場所へ連れていく。なんとハオウェイは自分の店を開こうと計画していたのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001