ただの友達になりたいというカイチーに、ゲームに勝ったら言うことを聞くと言うズージエ。腕相撲で勝負するが、ふいにキスされてズージエは負けてしまう。カイチーにズージエを好きな理由を問い詰めたラーシュエンは、安らげる関係がいいと聞き、料理長を思い出す。そして自分の誕生日にズージエとカイチーをもてなし、捨て身で告白するのだった。そんなラーシュエンを見て、カイチーは何も言えない。ズージエに拒絶された傷心のラーシュエンは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001