対決のあと、恥ずかしさからズージエの手を振り払いキスを拒んでしまったカイチー。それ以来、ズージエからの連絡がない。気になりながらも素直になれないカイチーだったが、仲間たちは協力してくれないばかりか"おひとり様"になれたことを祝福さえしてくる。実はズージエが、カイチーに自分を好きだと言わせるために、みんなに協力を頼んでいたのだった。だが、それに気づいたカイチーは反撃に出る。果たして2人の恋の駆け引きの行方は?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001