大物映画監督の目に留まりオーディションを受けることになったウェイジェン。訪れた最大のチャンスを掴むため、必死で挑むのだった。だが、聴力のことを知ったBS社からの邪魔で、シューユーたちは監督を激怒させてしまい大ピンチに。しかし、なんとか監督の誤解が解け、見事ウェイジェンはオーディションに合格する。3年間アメリカで活動するという条件に悩むものの、ウェイジェンは母親から「自分に正直になりなさい」と助言され…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001