イヌの存在を知った院長に呼び出されたガンジェ。自分の息子ではないと否定するが、イェジンを他の病院に移せと言われてしまう。一方、テジュから連絡を受けたガンシムは詐欺師と話をつけるが、そこでテジュが自分のために借金を返済してくれたと知り…。その頃、退院したソウルはウノに12年前のダルボン"ではなく"今のダルボン"が好きだと告げる。それでも諦め切れないウノは、もう一度チャンスが欲しいと願い出るのだった。"

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001