ガンジェの助けになりたいヒョジン。請求額の小切手を持ってスンボンの所に行くが追い返され、それを聞いたガンジェからも罵られてしまう。一方、試食会のためにウノの店を訪れたテジュとガンシム。そこに2人の関係を訝しんだ会長が現れ…。共同経営者になると大口を叩いたことを反省したダルボンは料理長に謝り、再び店で働くことに。しかし、ソウルがそこまでに至る道をお膳立てしていたと知り、不甲斐なさから彼女を冷たく突き放す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001