スンボンが病気だと知ったガンシムは、ガンジェに父の願いだから口外しないように言われる。その足でガンシムはウタクの所へ行き、なぜ病気のことを教えてくれなかったのかと泣き叫ぶ。一方、ガンシムとウタクの話を偶然聞いてしまったテジュ。ガンシムに6つ目の和解条件であるクラブ探しを頼まれ、快く引き受ける。そんな中、ソウルはダルボンに豆腐屋を受け継がないかと再度聞くが、キスをしてくれたら考えると言われてしまい…!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001