メタン開発基地ではワールドカップ予選を観戦していた隊員たちの小競り合いから銃を向け合う事態へと発展するが、ミョンジュンの機敏な対応で事なきを得る。その頃、ジンジェは、メタンハイドレートのコア技術を入手せよと北から指令を受け、ひとり苦悩していた。南北合同チームがワールドカップ出場権を得た翌日、南北首脳会談と、メタン基地の本格稼働が予定されていた。だが、北朝鮮が海上攻撃を始め、基地でも重大事故が発生する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001