晁蓋、張順の助けを借り黄文炳への復讐を果たした宋江は、梁山泊入りを決意する。晁蓋は首領の席を譲ろうとするも宋江は固辞し、「義を信条とするだけでは足りない」と、"替天行道"の旗を梁山泊に掲げる。同じころ、公孫勝と李逵はそれぞれ、故郷の母に会いに行く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001