母親を迎えに向かった李逵は、自分の名をかたる追い剥ぎに遭遇。身の上話に一度は騙されるも後で始末してしまう。ようやく故郷へ辿りついた李逵は、兄の制止を振りきって母親を連れ出すが、途中、水をくみに行った隙に母親が姿を消し、目の前に一頭の虎が現われる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001