北京大名府の盧俊義は従者の燕青、李固らと狩りに出かける。ところが途中で愛馬を亡くし、帰り道には茶屋で殺されかけたり、相次ぐ災難に不安を覚える。そんな折、易者に変装した呉用と李逵が盧俊義の家を訪ね、梁山泊へ向かうよう、でたらめな予言を告げる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001