チョリムが事件の目撃者だと知り、ジェピョの元に向かったムガク。田舎道でジェヒと鉢合わせ、携帯電話を盗聴されていたことに気付いたムガクは、ジェヒが犯人だと確信する。一方、チョリムは刑事たちの話を聞き、ムガクの妹が自分のせいで殺されたことを知る。その夜、チョリムが家に帰ると、バースデーケーキを持ったムガクが待っていた。チョリムはムガクの誕生日を祝った後、彼に別れを告げ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001