ジェヒの家で倒れ、病院に運ばれたチョリムは、自分の代わりに妹が殺されたことをムガクに謝罪する。ムガクは自分たちが別れる理由にはならないと言うが、チョリムは決心を変えようとしない。そんな中、チョリムの家にジェヒが侵入し、顔写真が盗まれる。チョリムの身を案じたムガクは、彼女を自宅にかくまい、つきっきりで警護する。一方、チョリムは自分を捜査に利用してほしいとヨム・ミに申し出る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001