ソジンとロビンが同一人物だと知り心の整理がつかないハナは、ソジンの家から姿を消す。その頃、ソジンには主人格が消滅しつつあることの兆候が現れ始める。それは、ロビンが主人格になる欲望を持ち始めたことを意味していた。その事実を知ったテジュは、ロビンの気持ちを利用した作戦を企てる。混乱したロビンはハナの居場所を突き止め、切実な想いを伝えるのだった。そんな中、ソジンは過去と向き合うべくスヒョンとの接触を試みる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001