目覚めたロビンはハナが自分の出現を止めようとした記憶に衝撃を受ける。ハナの部屋に行くが、そこにハナの姿はなかった。犯人が捕まったことで、ハナはソジンの家から出たのだった。自分の存在を世間に知らせたいロビンに対し、ハナはロビンの正体が知られてはいけないことを理解し、心配する。一方、トラウマを克服したはずのソジンに、相変わらずロビンが現れることを不思議に思ったク会長は、その原因がハナであることを知り…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001