旅先で前日と同じことを繰り返すロビンを見たハナ。カン博士に電話し、ロビンが去ろうとしていることを知り泣き崩れる。その頃、ハナが喜ぶことを動画メッセージでソジンに残すロビン。心の準備ができていないと言うハナにロビンは、記憶を忘れる前に消えたいと打ち明けるが、その瞬間にも大切な記憶がまたひとつ消えていく。それを目撃したハナは、ロビンをある場所へ連れ出す。そして「一番大事な記憶は私が作ってあげる」と手を差し出し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001