離婚を決意したボムはジニョンと共に実家に残り、インサンを一人で帰宅させる。翌朝、事情を知ったチョルシクは、こうなったのは自分のせいと、訴訟を取り下げると言い出し…。一方、インサンはすべて自分に任せてほしいと両親に告げ、イ秘書に印鑑と必要書類をボムの家に送るように指示する。ヨニは使用人たちに命じて、ボムの衣類をすべて整理させてしまう。事態の急変に悲しみをこらえながら手続きを進めていくボムだったが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001