重病に冒されていることをリタには秘密にしているユ会長。彼は、自分にも早くワクチンを投与してほしいとジェウクに必死に訴えるが、ジェウクは焦らないようにと説得する。そして、イノに対しても、ユ会長にはワクチンを投与しないよう指示を出すが…。一方、リタは偶然、伯父が病気であり、それが遺伝性のものであると知ってしまう。そんな中、ジェウクと2人だけで会ったチサンは、ついに彼の口から重大な告白を聞くことになる…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001