シネがピルスンの家で家政婦をしていることを知ったバンシル。知り合いかと尋ねられるが恥ずかしくて親戚とは明かせず、慌てて家に戻るとグムジャに話して辞めさせるよう告げる。チャドルはシネの働き先に腹を立て迎えに行くが、ヨンファが末期がんと教えられそれ以上反対できなくなってしまう。ピルスンはチャドルを見て一つの策を思いつく。後日、探偵がヨンファの前にスンヒョンという名の青年を連れてきて、彼はヨンファの息子だと紹介する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001