ボッキはミンスが亡くなっていたことを弁護士に伝え、遺言状を書き直さなければならないと話す。一方、ウノクとジャンホはダジョンの父を連れてヨンスの家に押し掛ける。そこに帰宅したボッキは事態を把握し、ウノクを責め立てる。そんな中、ヨンチェはフンナムから高価なバッグを贈られ大喜びするが、ヨンイはすっかり不機嫌になってしまう。離婚協議に入ったダジョンは、慰謝料を取れないばかりかジウの親権まで奪われそうになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001