ティンハオに惨敗した悔しさから立ち直れないでいたルオバイ。バイツァオに激励され、ルオバイは松柏館に対する切実な気持ちを打ち明ける。ティンハオという天才には努力しても勝てないと悟ったルオバイは、元武道を辞めようとしていた。一人練習に励むバイツァオは、ルオバイのやる気を取り戻すため仲間たちを説得。シャオインの提案により、門下生全員でルオバイのところに行き稽古を申し込む。彼らの熱意を見たルオバイは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001