互いを想い合うバイツァオとチューユエンだったが、両想いだと気付かずにすれ違ってしまう。そんなある日、選手たちの前で元武道の精神を説いていたイルサン師範は、次第に不正を起こしたシャンナンの批判を始める。バイツァオはイルサン師範に意見し、どうにか謝罪をさせようと試合を申し込むが、代わりに彼の娘ミンチュと戦うことになる。負けたら元武道を辞めることを条件に出されたバイツァオに、ルオバイが助け舟を出すが…。200

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001