高熱を出しながらも昌海館のミンスと試合を続行するルオバイ。怒涛の攻めを必死に耐え、リードを守りきり勝利を飾る。試合終了後、ベッドに横たわるルオバイはチューユエンに看病してもらうが、そこでバイツァオのことが好きなのかと聞かれ…。一方、ルオバイを心配するバイツァオは、願掛けで彼の幸せを願うのだった。だが、一向に熱の下がらないルオバイ。不安を感じたイーフォンに呼び出されたバイツァオは、夜通し世話するが…。201

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001