テフ産業時代の顧問弁護士に話を聞きに行ったジワンは、生前のサンジュンがテスに全財産を譲り、テフ産業の経営を任せようと考えていたことを知らされる。ジワンはその事実にショックを受けながらも、ありのままをテスに伝える。だが、テスは自分をおとしめるためにジワンが嘘をついていると考え、信じようとしない。そんな中、イ本部長から情報を得た新聞記者がジワンに会いに来る。ジワンは記者にテスの横領に関する資料を渡すと約束する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001