「最後に母親としてイソルと過ごす時間がほしい」とヘジンに懇願したレナ。2人の会話を立ち聞きしてしまったイソルは、自分がレナの娘であることを知って強い衝撃を受ける。そして、偶然会ったインチョルに初めて胸の内を激しくぶちまけるのだった。翌日、レナはイソルをショッピングに誘って服をプレゼントし、一日、楽しい時間を過ごす。イソルは何も知らないふりをしてレナに自分の幼い頃の写真を見せ、手料理が食べたいとせがむ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001