新港誘致は実現不可能なばらまき公約と言い放ったサンピルに誘致運動本部は猛反発し、議員辞職を求める市民運動を起こす。反青派を抱き込み、市の党員協議会総会でサンピルの不信任案を決議させようと画策するドヒョン。なすすべのないサンピル陣営だったが、ギュファンの言葉でサンピルの本心を知ったインギョンが補佐官に復帰。弾劾を回避するために離党のカードでドヒョンを揺さぶろうと提案し、熾烈な心理戦を仕掛ける…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001