検察への任意出頭を決意したサンピル。その弁護士を買って出たのはチャンミだった。彼女は同時にシラ切り派入りも果たす。サンピルは厳しい取り調べにも容疑を認めないが、国会では逮捕許諾決議案が可決されてしまう。インギョンは在宅での捜査を求める嘆願書を作り、議員たちの署名を得るために奔走。ギュファンも、サンピルの無実を明かすために証言したいと申し出るが、サンピルがそれを許さず、彼はついに拘留されることに…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001