ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

夜を歩く士<ソンビ>

「アラン使道伝サトデン」イ・ジュンギ×チャンミン(東方神起)豪華主演
「太陽を抱く月」演出×「コーヒープリンス1 号店」脚本の豪華タッグで放つ
永遠の愛と哀しき運命が火花を散らす、超大型ファンタジー・ラブロマンス時代劇!

第1回

無料 視聴する
無料

第1回

無料 39:26

弘文館の文官ソンヨルは、長年想いを寄せていた幼なじみミョンヒとの婚礼を控え、幸せな日々を送っていた。ところがそんなある日、ソンヨルは親友のチョンヒョン世子が書いた小説と偶然目撃した後宮の遺体から、宮中に棲まう吸血鬼の存在に気づく。朝鮮王朝が200年もの間、悪の吸血鬼クィに支配されてきたと知ったソンヨルは、チョンヒョン世子と力を合わせてクィを退治しようと決意。2日後に守護鬼ヘソと会う約束をするが…。

詳細

2016年08月02日 配信開始

お得なまとめ買い

第2回~第30回

4384ポイント 購入する
30%
OFF

第2回~第30回

6,264ポイント 4,384ポイント 30%OFF 21日間
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回

第2回~第7回

1036ポイント 購入する
20%
OFF

第2回~第7回

1,296ポイント 1,036ポイント 20%OFF 14日間
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回

第8回~第13回

1036ポイント 購入する
20%
OFF

第8回~第13回

1,296ポイント 1,036ポイント 20%OFF 14日間
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回

第14回~第19回

1036ポイント 購入する
20%
OFF

第14回~第19回

1,296ポイント 1,036ポイント 20%OFF 14日間
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回

第20回~第24回

864ポイント 購入する
20%
OFF

第20回~第24回

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 14日間
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回

第25回~第30回

1036ポイント 購入する
20%
OFF

第25回~第30回

1,296ポイント 1,036ポイント 20%OFF 14日間
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回

各話一覧

並び順

第1回

無料 視聴する
無料

第1回

無料 39:26

弘文館の文官ソンヨルは、長年想いを寄せていた幼なじみミョンヒとの婚礼を控え、幸せな日々を送っていた。ところがそんなある日、ソンヨルは親友のチョンヒョン世子が書いた小説と偶然目撃した後宮の遺体から、宮中に棲まう吸血鬼の存在に気づく。朝鮮王朝が200年もの間、悪の吸血鬼クィに支配されてきたと知ったソンヨルは、チョンヒョン世子と力を合わせてクィを退治しようと決意。2日後に守護鬼ヘソと会う約束をするが…。

詳細

第2回

216ポイント 購入する

第2回

216ポイント 7日間 41:21

クィによってチョンヒョン世子とミョンヒまでもが死に追いやられ、クィを倒す使命を背負った吸血鬼として生きることになったソンヨル。120年後、ソンヨルはクィを倒す秘策が記された「チョンヒョン世子備忘録」を探すため、本売りのヤンソンを呼ぶ。ヤンソンは彼の美しさを絶賛するが、激しい吸血欲求に駆られたソンヨルは逃げるように席を立つ。一方、世孫の身分を隠して春画を描いていたユンは、旧友に似たヤンソンに興味を抱く。

詳細

第3回

216ポイント 購入する

第3回

216ポイント 7日間 38:44

亡きチョンヒョン世子と同じ筆名"淫乱書生"を名乗る者が備忘録の行方を知っていると考えたソンヨルは、手がかりを求めて調査を始める。一方、男装をして遊郭で禁書を売り歩くヤンソンは、官軍から身を隠すために女性の服に着替えようとするが、そこへソンヨルが現れ…。そんな中、淫乱書生の小説とユンの父サドン世子の死に関する落書が街中にまかれる。ユンの祖父であり王のヒョンジョの元にはユンの廃位を求める上書が殺到し…。

詳細

第4回

216ポイント 購入する

第4回

216ポイント 7日間 42:09

ソンヨルはヤンソンを狙うクィの追跡を振り切り、やっとのことで彼女を救出。スヒャンはクィに匂いを知られたヤンソンを殺そうと提案するが、ソンヨルはヤンソンを介抱する。一方、約束の場所でヤンソンを待ち続けていたユンは、自分を監視する男に気づいて後を追う。そんな中、ヤンソンは無事に目を覚まし、120年前の「吸血鬼伝」を手に入れた本屋にソンヨルを案内。ソンヨルは天真爛漫なヤンソンを見つめ、次第に心を開いていく。

詳細

第5回

216ポイント 購入する

第5回

216ポイント 7日間 41:17

借金取りにお金を返せず、乱暴されそうになったヤンソン。そこに通りかかったユンはヤンソンを守り、借金を肩代わりする。そうした中、街に出かけたソンヨルはミョンヒと瓜二つの女性ヘリョンを見かけ、思わず抱きしめるが…。一方、ヤンソンは本屋の主人ウェソンが備忘録の存在を知っていることを突き止め、彼を捜し回る。路地裏でようやくウェソンの姿を見つけたヤンソンはそっと歩み寄るが、そこで思わぬ事実を耳にしてしまう。

詳細

第6回

216ポイント 購入する

第6回

216ポイント 7日間 41:12

ヒョンジョからサドン世子の命日に宴会を開くよう命じられたユン。準備に取りかかるが、ユンを狙った淫乱書生の刺客が現れ、宴会は中止となる。一方、ソンヨルは命日に開かれる鎮魂祭で淫乱書生の小説の続編が配布されるという噂を広め、本物の淫乱書生をおびき出す作戦を立てる。鎮魂祭当日、続編が気になったヤンソンも参列するが、そこへ官軍が押し寄せ…。そんな矢先、街では宮廷に棲まう吸血鬼の存在を知らせる落書がまかれる。

詳細

第7回

216ポイント 購入する

第7回

216ポイント 7日間 41:01

ソンヨルは落書をすべて回収するが、王室を牛耳る吸血鬼の噂は瞬く間に世間に広まる。淫乱書生を探し出しクィから守るため、ソンヨルは情報収集を急ぐ。その頃、ヤンソンは父の説得に負け、ソンヨルの仕事を断ることを決意していた。そんな中、ユンは偶然ヤンソンが女性だと気づくが、素知らぬふりで居酒屋に誘う。ソンヨルの話ばかりするヤンソンを見ながら、微かな嫉妬を覚えるユン。一方、ソンヨルは酔ったヤンソンの前に現れ…。

詳細

第8回

216ポイント 購入する

第8回

216ポイント 7日間 39:25

妹の足の治療のために耽羅(タムナ)に発つことになったヤンソンは、前の晩のキスについてソンヨルに尋ねようとするが、彼のそっけない反応を見て口をつぐむ。その頃、落書に腹を立てたクィは淑濱(スクビン)を殺し、ヒョンジョに淫乱書生を捕まえるよう命令。さらに、布袋の持ち主を探すため、本売りを集めたクィ。一人の商人がクィに噛まれて吸血鬼と化すと、全員が死の連鎖に巻き込まれてしまう。ヤンソンの身を案じたソンヨルは必死で彼女を捜すが…。

詳細

第9回

216ポイント 購入する

第9回

216ポイント 7日間 44:23

淫乱書生の手がかりを追っていたソンヨルは、かつてサドン世子の本売りをしていたウェソン、本名チェ・ドガプが捕らえられている場所を突き止める。しかし、そこでユンの姿を目にしたソンヨルは、淫乱書生の正体がユンだったことに気づいて驚く。スヒャンはユンと手を組むことを提案するが…。その頃、ヤンソンの父、チョセンは自宅の床下から密かにある物を掘り出していた。一方、クィはついにヤンソンの匂いを嗅ぎつけて接近する。

詳細

第10回

216ポイント 購入する

第10回

216ポイント 7日間 40:44

クィとの闘いで深手を負ったソンヨル。ヤンソンは耽羅(タムナ)行きの船には乗らず、必死に彼を看病する。やがてソンヨルは意識を取り戻すが、激しい吸血衝動に駆られてヤンソンに襲いかかりそうになる。そんな中、クィは淫乱書生に追従する成均館の学生たちを捕らえ、皆殺しにしようと画策。それを知ったソンヨルは学生たちを助け出し、淫乱書生を名乗りながら善行を繰り返す。そして、ユンの元からチェを連れ帰り、備忘録の在りかを尋ねるが…。

詳細

第11回

216ポイント 購入する

第11回

216ポイント 7日間 42:41

ヘリョンはソンヨルを連れてくるという条件で自分を王妃の座につけることをクィに約束させ、偶然を装ってソンヨルに接近。その頃、罪のない民が次々とクィの犠牲になることに憤ったユンは、自分が淫乱書生だと名乗り出る決意をする。一方、ヤンソンはソンヨルに恋心を伝えるものの、彼の冷たい態度に傷つく。2人の姿を目撃したチョ・センは、ヤンソンの実父を殺したソンヨルが備忘録を探していると知り、慌てて耽羅(ルビ:タムナ)に発とうとする。

詳細

第12回

216ポイント 購入する

第12回

216ポイント 7日間 41:37

淫乱書生として名乗り出る計画を進めるユン。ソンヨルは「クィを倒す」という同じ志を持っていることをユンに告げ、協力を申し出る。ところがその矢先、ユンを守ろうとするヒョンジョはヤンソンこそが淫乱書生だと宣告し、ヤンソンとチョ・センを捕らえる。ソンヨルは2人を助けに向かうが、ソンヨルに怯えたチョ・センが大声を出し、失敗に終わる。チョ・センの妻から家で備忘録を目にしたと聞いたソンヨルは家中を捜索するが…。

詳細

第13回

216ポイント 購入する

第13回

216ポイント 7日間 42:16

拷問にかけられたヤンソンは父を救うために偽の自白をするが、チョ・センも自分が淫乱書生だと訴えて娘を守ろうとする。その夜、ソンヨルは牢獄に忍び込み、傷だらけのヤンソンを抱きしめる。その姿を見たチョ・センは、10年前にもソンヨルがヤンソンを助けたことを思い出し、彼にヤンソンの出生の秘密を明かす。一方、自分の無力さにひとり打ちひしがれるユン。ヒョンジョはそんなユンにクィを倒そうとしていることを初めて明かす。

詳細

第14回

216ポイント 購入する

第14回

216ポイント 7日間 43:23

左議政からすべてを背負って死ねば娘は助けると言われたチョ・センは、渡された毒を飲んで自決。チョ・センの遺言を手がかりにようやく備忘録を発見したソンヨルは、そこに書かれた人名について調査を開始する。そんな中、父を失い、奴婢の身分に落とされたヤンソン。弱った体で働く彼女の姿を見たユンは胸を痛めるが、ヤンソンは二度と自分の前に現れないでほしいとユンに告げる。ソンヨルはヤンソンを救う手立てを考えるが…。

詳細

第15回

216ポイント 購入する

第15回

216ポイント 7日間 42:59

備忘録の中に隠されたページを発見したソンヨルは、ついにクィを倒す秘策を知る。ユンの協力が必要不可欠だと気づいたソンヨルは、ユンに備忘録を見せ、クィと戦う意志を確かめようと考える。そんな中、重労働で倒れたヤンソン。ソンヨルは瀕死のヤンソンを連れ帰り、自らの血で治療。目覚めた彼女に気持ちを伝えてキスをするが…。その頃チョ・センの妻は、ヤンソンが逆賊として亡くなったサドン世子の側近ソ・ジョンドの子だと知る。

詳細

第16回

216ポイント 購入する

第16回

216ポイント 7日間 41:54

生きる希望を失い、崖から身を投げようとしていたヤンソン。そこをソンヨルに救われ、彼の屋敷で家事をしながら暮らすことになる。一方、クィはユンをヘリョンと結婚させるようヒョンジョに命じる。そんな中、ソンヨルはソ・ジョンドの屋敷を訪れ、ジョンドの命日になるとやってくる猟師の存在を知る。その猟師はユンの武芸の師匠を務めていたペク・イノだった。イノは自分に会いに来たソンヨルを見て、吸血鬼だと気づき…。

詳細

第17回

216ポイント 購入する

第17回

216ポイント 7日間 42:30

ソンヨルとヤンソンが一緒にいる姿を目撃し、その場にヤンソンが置き忘れた筆箱を見つけたイノは、ユンに謁見。筆箱を見せ、ユンの旧友ジンが吸血鬼に捕らわれていると報告する。イノの案内でソンヨルの屋敷を訪れたユンは、そこでヤンソンこそがジンだったと知る。一方、ヘリョンはユンの警戒心を解くためにある作戦を実行に移す。彼女の思惑通り、ヘリョンが世孫嬪(ルビ:セソンビン)になる女性だと知ったユンは縁談を受け入れ、祝宴を開くことを決める。

詳細

第18回

216ポイント 購入する

第18回

216ポイント 7日間 41:59

ユンの信頼を取り戻したソンヨルは、婚礼が行われる新宮殿でクィを倒す計画が進められていることを知る。ソンヨルはヒョンジョに会い、秘策の一つである“母系”の謎が解けていないことを伝え、計画を延期するよう求める。ところが、ヒョンジョは作戦を決行すると告げ、ソンヨルに共に戦うよう命じるのだった。その夜、命を懸けてクィとの戦いに挑むことを決意したソンヨルは、ヤンソンに口づけをし、何も言わずに屋敷を後にする…。

詳細

第19回

216ポイント 購入する

第19回

216ポイント 7日間 40:47

重傷を負ったイノを救い出したソンヨル。イノの口からヤンソンこそが“母系”の答えであり、最後の秘策だと聞き驚く。時を同じくして、クィを倒すにはヤンソンの身を捧げなければならないと知ったユン。ヤンソンをクィの生贄にすることを決意し、彼女を捜し始める。その頃、ソンヨルの安否を確かめようと宮中に忍び込んだヤンソンは、ヘリョンと鉢合わせする。そこで、ヘリョンからソンヨルの正体は吸血鬼だと聞かされ…。

詳細

第20回

216ポイント 購入する

第20回

216ポイント 7日間 43:03

ヒョンジョはユンに遺書を残し、クィの前で自ら命を絶つ。ハギョンもまたユンのために命を差し出す覚悟を決めるが、クィに噛まれ吸血鬼と化してしまう。人間の心を失ったハギョンは遊郭で人々を襲撃。そこへ駆けつけたソンヨルがハギョンにとどめを刺そうとするが、その様子を見たヤンソンは幼い頃の記憶を思い出し、ショックで気を失う。ソンヨルに介抱され屋敷で目を覚ましたヤンソンは、怯えた様子でソンヨルを避けるようになり…。

詳細

第21回

216ポイント 購入する

第21回

216ポイント 7日間 41:37

ソンヨルはクィからヤンソンを守るために、わざと吸血鬼としての姿をヤンソンに見せつけて冷たく接し、自分の元を去るように仕向ける。一方、祖父ヒョンジョを失い王位を継いだユンは、クィを倒す秘策であるヤンソンを捜すことに。密かにソンヨルの屋敷へ間者を送るが…。そんな中、クィはヘリョンにソンヨルの黒い衣を奪って来るよう命じる。ヘリョンは亡くなったソンヨルの婚約者ミョンヒのふりをして弱ったソンヨルに接近する。

詳細

第22回

216ポイント 購入する

第22回

216ポイント 7日間 42:11

日光にさらされながらもユンからヤンソンを守ろうとしたソンヨルは意識を失ってしまう。ソンヨルを必死に看病するヤンソンは、自らの血をソンヨルの唇に垂らす。すると、ソンヨルはたちまち目を覚まし…。一方、ヘリョンはソンヨルを騙せず黒い衣は手に入れられなかったとクィに嘘をつく。クィは重臣たちの前に姿を現し、ユンに先王を罪人とする即位教書を読ませる。さらに、ソンヨルをおびき出すためにある卑劣な作戦を企てるのだった。

詳細

第23回

216ポイント 購入する

第23回

216ポイント 7日間 39:09

スヒャンはソンヨルの元を訪れ、クィが王宮に未婚の娘を献上せよというお触れを出したことを知らせる。そんな中、自分がクィを倒す秘策だと知ったヤンソンは、生贄になる覚悟を決め、ソンヨルの元を去る。一方、黒い衣を着た者たちが貢女を連れ去っているという報告を受けたユンは、黒衣団の逮捕を命令。だが、ユンは誰の命も犠牲にしない方法でクィを倒そうと決心していた。ユンの動きを怪しんだクィは左議政に揺さぶりをかけ…。

詳細

第24回

216ポイント 購入する

第24回

216ポイント 7日間 41:19

黒い衣を取り戻したソンヨルは、黒衣団を率いるユンと結託し、力を合わせてヤンソンと貢女たちを救い出すことに。貢女たちがいる妓房に突入したソンヨルは、ヤンソンが記した別れの手紙を発見。必死で彼女の姿を探すが、その頃ヤンソンはスヒャンに連れられてクィが棲む地下宮殿の入り口にいた。ヘリョンの制止を振り切り、ついにクィと対面したヤンソン。ところがそこで、クィは子孫の血を吸っただけでは死なないという事実を知り…。

詳細

第25回

216ポイント 購入する

第25回

216ポイント 7日間 39:26

クィは自分の子孫であるヤンソンをソンヨルの前で殺そうとする。クィに立ち向かったソンヨルはあっけなく倒れ、ヤンソンは彼を救うために自分の血を飲ませる。するとその瞬間、ソンヨルは狂暴な吸血鬼に豹変。吸血鬼の本能に突き動かされたソンヨルは、徐々に人間の心を失っていく。一方、領議政はソンヨルが“宮殿に棲む吸血鬼”であるとでっち上げて、彼と内通した罪でユンを廃位することをクィに提案し、ユンとヘリョンを投獄する。

詳細

第26回

216ポイント 購入する

第26回

216ポイント 7日間 43:00

宮殿の外に出たソンヨルは、吸血鬼と人間の心の間で葛藤するうちに、吸血鬼の欲求に完全に支配されてしまう。我を失い、血を求めてヤンソンの前に現れたソンヨル。しかし、彼女に抱かれた瞬間、人間の心を取り戻しその場に倒れ込む。一方、ヘリョンはユンの命を守ることと引き換えに、自らクィの手下に戻ると申し出る。クィはユンを流刑に処し、重臣たちの前で自分が王だと宣言。銀子を多く出した者に左議政の座を与えると言い出し…。

詳細

第27回

216ポイント 購入する

第27回

216ポイント 7日間 42:04

クィは国中に吸血鬼を放って民を襲わせ、自ら退治に向かう。民はクィを救世主と崇め、ソンヨルを宮殿に棲む吸血鬼だと誤解して恐れるようになる。狂暴化していた間の記憶がないソンヨルは、罪なき民を殺めたかもしれないという不安からひどく落ち込んでしまう。ユンはソンヨルを励まし、自分も黒衣団と共にクィと戦うと告げる。そんな中、苦悩するソンヨルの姿に心を痛めたヤンソンは、民の誤解を解くため、小説の執筆を再開する。

詳細

第28回

216ポイント 購入する

第28回

216ポイント 7日間 41:26

ヤンソンの小説「夜士伝」が人気を博し、ソンヨルを支持する民が徐々に増えていく。だが、クィを倒して自分も人間の世から姿を消すというソンヨルの決意は変わらない。ユンは戦いが終わった後も生き続けてヤンソンを守り、自分の友になってほしいとソンヨルに告げる。そんな中、ヤンソンはクィの地下宮殿を爆破してはどうかとソンヨルに提案するが…。一方、クィは黒衣団を率いるユンを捕らえるため、ヘリョンを公開処刑すると宣言する。

詳細

第29回

216ポイント 購入する

第29回

216ポイント 7日間 39:55

ヘリョンを救うために罠と知りながらも宮殿に出向いたユン。クィはユンに襲いかかろうとするが、その瞬間、ヘリョンがかんざしでクィを急襲する。驚いたクィはヘリョンを切りつけ…。一方、命懸けでクィを倒す決意をしたソンヨルは、自分がクィと戦っている間に地下宮殿を爆破するよう黒衣団に指示し、屋敷を発つ。ソンヨルの覚悟を知ったヤンソンもまた、後を追って宮殿へ向かうが、その頃宮中ではクィが人々を吸血鬼に変えていた。

詳細

第30回

216ポイント 購入する

第30回

216ポイント 7日間 40:17

ソンヨルは宮中を埋め尽くす吸血鬼を倒し、クィを地下宮殿に誘い込む。ヤンソンは地下宮殿でソンヨルを待ち伏せ、クィとの戦いに備えて自分の血を吸ってほしいと告げる。ソンヨルは葛藤の末、ヤンソンに愛を告白し、彼女の血を吸う。強大な力を得たソンヨルはいよいよクィとの真っ向勝負に挑む。一方ユンは、ソンヨルがクィの注意を引いている隙を見て地下宮殿に爆薬を仕掛け…。果たして、2人の男の愛と運命を懸けた戦いの結末とは??!?

詳細

キャスト

製作年 2015年 製作国   韓国

これもチェック

 夜を歩く士<ソンビ>を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001