ヘリョンはソンヨルを連れてくるという条件で自分を王妃の座につけることをクィに約束させ、偶然を装ってソンヨルに接近。その頃、罪のない民が次々とクィの犠牲になることに憤ったユンは、自分が淫乱書生だと名乗り出る決意をする。一方、ヤンソンはソンヨルに恋心を伝えるものの、彼の冷たい態度に傷つく。2人の姿を目撃したチョ・センは、ヤンソンの実父を殺したソンヨルが備忘録を探していると知り、慌てて耽羅(ルビ:タムナ)に発とうとする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001