ソンヨルとヤンソンが一緒にいる姿を目撃し、その場にヤンソンが置き忘れた筆箱を見つけたイノは、ユンに謁見。筆箱を見せ、ユンの旧友ジンが吸血鬼に捕らわれていると報告する。イノの案内でソンヨルの屋敷を訪れたユンは、そこでヤンソンこそがジンだったと知る。一方、ヘリョンはユンの警戒心を解くためにある作戦を実行に移す。彼女の思惑通り、ヘリョンが世孫嬪(ルビ:セソンビン)になる女性だと知ったユンは縁談を受け入れ、祝宴を開くことを決める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001