日光にさらされながらもユンからヤンソンを守ろうとしたソンヨルは意識を失ってしまう。ソンヨルを必死に看病するヤンソンは、自らの血をソンヨルの唇に垂らす。すると、ソンヨルはたちまち目を覚まし…。一方、ヘリョンはソンヨルを騙せず黒い衣は手に入れられなかったとクィに嘘をつく。クィは重臣たちの前に姿を現し、ユンに先王を罪人とする即位教書を読ませる。さらに、ソンヨルをおびき出すためにある卑劣な作戦を企てるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001