シューハイはジェンナンから催促されて、仕方なく修理した腕時計を返す。すると、ジェンナンがお礼に女の子を紹介すると言い出した。“女神”のスーイーは高嶺の花とあきらめているシューハイにとって、これはまたとないチャンス。女の子とデートできることにすっかり浮かれてしまうが、何を着ていけばいいかも分からない。困った彼はこっそり部品を流用して組み立てた、もう一つの腕時計でホンペイを呼び出すことにするが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001