スーイーを見守っていたホンペイは体調が悪そうな彼女を見て心配に。それを聞いたシューハイはジェンナンと一緒にスーイーの部屋へ駆けつける。そして、倒れた彼女を病院に運んだ彼は一晩中付き添う。翌日、シューハイは同僚たちが持ってきたお見舞いのバラの花を生けることに。ところが、彼はバラの花粉アレルギーだった。クシャミが止まらなくなってしまったシューハイにホンペイが声をかけた瞬間、不可思議な現象が起こり…!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001