シューハイが暴漢に襲われ、腕時計を壊された。それを知ったシェンロンたちは、ルー・ジーヨンの背後に事故の首謀者がいると確信。一方、ホンペイが消えてしまうことを恐れたシューハイは、ひどいケガをしたにもかかわらず、腕時計の修理に必死になる。そして、すべてを知ったスーイーはそんなシューハイを気遣い、彼の傷の手当てをするのだった。やがて、修理を終えたシューハイが、再び腕時計をはめてホンペイを呼び出そうとするが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001