朝鮮国王太宗(テジョン)の時代。ウンボクは母と貧しい暮らしをしていたが、星を眺める事が好きな少年だった。ある日、母とチャン一族の祭祀に向かうが、奴婢(ヌヒ)という身分のため両班(ヤンバン)のヒジェらに蔑まれる。そこで、書雲観(ソウングァン)の判事だった父ソンフィと初対面を果たしたウンボクは、チャン・ヨンシルという名を授かった。一方、太宗は災いが起こるという日食に備え、救食(クシク)の礼の準備を執り行う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001