第4代王に即位した世宗。朝鮮独自の暦法を確立すべく、使節団として明へ赴くヨンシルとヒジェに司天台にある簡儀を見るよう命じる。その指令は明の皇帝が禁じている危険な任務であったが、生きて朝鮮に戻ってくることも2人に命じた。出発の日、ヨンシルは世宗に呼び出され、必ずや朝鮮独自の簡儀を作り上げることを誓う。さらに、明から無事に戻ったならば官職を与えると約束される。ヨンシルは期待に胸を膨らませ明へ向かう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001