自らの命と引き換えに水運儀象台の修繕を命じられたヨンシルは、テガンの志に深く感銘を受けていた。そこへ、テガンを暗殺しようとヒジェが訪れるが、彼は水運儀象台に心を奪われ、ヨンシルとその修理を手伝うことに。ヒジェは西洋の渾天儀を持参していたが、それを見たヨンシルはその仕組みを聞いただけで簡儀の原理を解明してしまう。一方、ヨンシルたちが消えたとの知らせを受けた世宗は、書状を持たせチョンを明へ送る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001