ヨンシルはテガンの前にひれ伏し、命を狙ったヒジェを許してほしいと懇願。テガンは願いを即座に聞き入れただけでなく、餞別として簡儀を製作した郭守敬(カクシュケイ)の観測日誌までも譲り渡す。世宗は無事に帰国したヨンシルを奴婢の身分から免賎して官職を与えようとするが、大臣たちから猛反対を受けてしまう。それだけでなく、逆にヨンシルは明の司天台に上った罪で杖刑に処されるが、挫けることなく簡儀の製作に取り掛かる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001