これまでの研究成果の賜物として、独自に月食の予測を成功させた観測所の面々たち。皆で喜びを分かち合っていたが、ヨンシルだけは予測時刻とのわずかはずれを気に掛けていた。一方、ハ・ヨンは明の脅威から朝鮮を守る同志としてヒジェに協力を求める。そんな中、ソヒョンとの親しい関係を問題視されたヨンシル。奴婢出身であるヨンシルを疎む者たちから嫌がらせを受けるが、そんな彼らから予測に関して思わぬヒントを得ることになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001