水天宮との戦闘中に燃え落ちた廃研究所。ひとり取り残された神楽のところへ、母・神泉の危篤という報せを持った銀座が乗り込んでくる。銀座と共に急ぎ自宅に戻った神楽だが、「病気」という理由のもとに、体液摂取のための研究施設に閉じ込められてしまう・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001