槍槓を和了り、窮地を脱した池田。しかし最下位という状況は変わらず、挽回できるとは思えない点差が開いていた。
そんな絶望的な状況でも戦う心を失なわず、池田は果敢に攻め続ける。 一方、自分の対局スタイルを思い出した咲は、徐々に本来の調子を取り戻しつつあった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001