父親の実家がある瀬戸内に帰省していた満潮永澄は、ビーチで泳いでいる最中に両足がつって溺れてしまう。助けを求める永澄に手を差し伸べたのは、なんと人魚の女の子・瀬戸燦だった!しかし、人魚の世界は、「渡世の仁義」を重んじる仁侠の世界だった上、そこには、「身内以外の者に姿を見られれば、その人間か自分のどちらかが死ななければならない」という掟が存在していた。果たして、永澄の運命は…!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001