ある朝、永澄が目覚めると、目の前に黒ずくめのマッチョマンが佇んでいた。留奈に関する警告を残して消えて行った謎の男の影に怯え、クラスの皆に相談をする永澄だったが、誰一人として信じてくれない。だがしかし、失意の永澄の前に再び謎の男が現れ、執拗に追い回し始める。途中で見つけた三河海を巻き込み、一緒に逃走劇を繰り広げる二人であったが、遂には海も謎の男に倒されてしまう。一人残された永澄の運命は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001