家での一件をみんなから誤解され、留奈と結婚させられることになってしまった永澄。江戸前組により幽閉されてしまった永澄と、悲嘆に暮れる燦。一方、留奈はといえば、永澄を奪い取ったことで大喜び。そして遂に、永澄と留奈の結婚お披露目会の場として、東西極道懇親会が開催される。式が進行して行く中、ルナパパから固めの盃を出された永澄の口から思いも寄らぬ言葉が飛び出す。そして、その場に唯一姿の見えない燦は今どこに…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001