子猫にじゃれつかれて弱っている巻と、そんな可愛い子猫を怖がり遠ざかっていく燦と留奈の様子を見て、魚人族の弱点が猫であることに気付いた永澄。日頃の恨みつらみを晴らすべく、中学校へと子猫を連れて行く。効果は抜群で、海や豪三郎は子猫が怖くて永澄に対して全く手が出せない始末。だが、永澄に負かされて怒りが収まらない豪三郎は、新たな刺客として、自分直属の親衛隊を呼び寄せるよう、巻に指令を下すのだった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001